展示会で有効的なブースデザインとは?魅力的なポイントを紹介

展示会のブースデザインで角の小間を狙うのが理想の形

人が集まる

展示会のブースデザインは、狭い小間から広いいくつもの小間まで広さによって違いが出て来ます。狭い小間を利用する際に、より有効に使うなら角の小間を狙うのがおすすめです。
なぜなら、角のブースデザインは通常の小間よりも、通路に面する部分が2倍もあるからです。何となく角のブースになると、位置的に損をしている印象を持つこともありますが、実はそうでもありません。角の小間になると、通路に面する部分が広くなるので、それだけ人の流れを見つけやすいメリットがあるのです。

たとえば、2小間のブースデザインだと横長の形状で使うのが理想の形です。奥行と幅の比率が1対2になり、体感よりも広く感じられるのが魅力のデザインになります。展示会でブースデザインの形状を考える時、通路に面する部分が広い位置を選ぶのがおすすめです。角に面しているブースデザインは、それだけ人気が高くなっているのは、通路に面している部分が広いという特徴があるためです。

展示会のブースデザインは、広さもさることながら、角の小間を狙うのが理想的です。狭い小間しか利用できない場合でも、角に位置しているだけで来場者に立ち寄りやすくなるメリットがあります。なかなか角のブースは当たりにくいものですが、ブースを決める際には狙ってみるようにしてみましょう。

PRESS RELEASE

展示会のブースデザインで角の小間を狙うのが理想の形

人が集まる

展示会のブースデザインは来場者の目線で準備しよう

ミーティングをする男女

展示会でブースデザインを考える時に意識したいカラー

展示されたドライフラワー

展示会のブースデザインで商談席はどうすべきか

うさぎのオブジェのある庭

UPDATE POST