展示会で有効的なブースデザインとは?魅力的なポイントを紹介

展示会のブースデザインは来場者の目線で準備しよう

ミーティングをする男女

展示会への出展が決定したら、いよいよブースデザインの準備が始まります。いかに来場者に足を運んでもらえるかを考える時には、相手の目線での準備が重要です。

まず大事なのは、自社がどのような製品やサービスを行っているのかが分かるレイアウトです。あまり製品がイメージできないブースデザインだと、来場者は無縁だと思い込んでしまうからです。
次に意識してほしいのは、ブースデザインの形です。狭いスペースしか使えない時、どうしても間口は狭くなってしまいます。この時、奥へ入りやすいレイアウトをすると狭さがネックになりません。逆に、狭い上に前面を商品やパネルで占めてしまうと、動線をふさがれる印象を与えてしまいます。
そして、来場者の視線にいかに留まる展示会のブースデザインにするかも、重要です。展示会では数多くのブースデザインが出展しています。雑多な中で足を留めてもらうには、遠くからでも目立たせる工夫が求められます。カラーの選び方や照明の当て方を意識してみることで目立たせることもできるので、立ち寄ってもらえるブースデザインを目指せます。

ブースデザインを検討する際には、企業側の見せようとする仕組みだけではなく、来場者の目線になって準備を進めることも意識してみましょう。

PRESS RELEASE

展示会のブースデザインで角の小間を狙うのが理想の形

人が集まる

展示会のブースデザインは来場者の目線で準備しよう

ミーティングをする男女

展示会でブースデザインを考える時に意識したいカラー

展示されたドライフラワー

展示会のブースデザインで商談席はどうすべきか

うさぎのオブジェのある庭

UPDATE POST