展示会で有効的なブースデザインとは?魅力的なポイントを紹介

展示会でブースデザインを考える時に意識したいカラー

展示されたドライフラワー

ブースデザインを決める時、展示会でいかに目に留まるかを考えるでしょう。カラーを決め方が、集客を大きく左右するのをご存知ですか。つまりカラーの選び方によっては、集客が見込めずに失敗してしまう可能性があるのです。

ブースデザインのカラーを決める時、企業カラーをまず念頭に置いてみてください。ロゴやパッケージなどでよく使っている色が、すなわち企業カラーとなります。企業カラーを主に持っていくと、数ある色の中から決めやすいでしょう。企業カラーは、大手ほど定着しているので、一目見ただけで会社をイメージできます。展示会に出展しているブースの中でも、認識しやすいメリットになるのです。

もし、ブースデザインで企業カラーが定まっていない場合には、良く用いられるカラーを使うのもおすすめです。よく使われるカラーは、青、赤、白、黒、緑です。それぞれのカラーが持つイメージは違います。たとえば、展示会のブースデザインで一番見かける青は、誠実さや落ち着き、知的な印象を与えるので採用されているのです。

決めにくい場合には、人気のカラーの中で色が与えるイメージと近いものからセレクトしていくのもおすすめです。展示会のブースデザインをいかに広い会場の中で目立たせるかを考えるなら、カラーの選び方も確実に意識して進めていきましょう。

PRESS RELEASE

展示会のブースデザインで角の小間を狙うのが理想の形

人が集まる

展示会のブースデザインは来場者の目線で準備しよう

ミーティングをする男女

展示会でブースデザインを考える時に意識したいカラー

展示されたドライフラワー

展示会のブースデザインで商談席はどうすべきか

うさぎのオブジェのある庭

UPDATE POST